毛穴ケアにはノンエーと二十年ほいっぷのどちら

毛穴ケアにはノンエーと二十年ほいっぷのどちらを選ぶと良いでしょうか?

毛穴ケアに使いたい洗顔料と言えば「ノンエー(NonA)」と「二十年ほいっぷ」も人気です。

このふたつはどちらも肌にやさしく潤いを与えながらしっかりと洗浄してくれる洗顔料として有名ですよね。

顔にある毛穴は約20万個と言われています。

この毛穴をきちんとケアせずに放っておくと、あらゆる肌トラブルの元凶となってしまいますので、普段からきちんとケアしておくことがとても大切です。

では、毛穴ケアに使えるノンエー(NonA)と二十年ほいっぷについては、どちらを選んだほうがより自分にあったケアにつながるかを考えていきます。

毛穴のトラブルといえば、毛穴の開きや黒ずみですよね。

まずは毛穴の開きについて考えていきます。

毛穴の開きケアについては、ずばり「二十年ほいっぷ」。

これは二十年ほいっぷに含まれているホエイの働きに着目すればわかるのですが、ホエイには肌内部を潤いで満たす効果があるからです。

自分の毛穴の開きを観察して、縦長の楕円形に広がっていたり開いた毛穴がつながって帯状になっている場合は、「乾燥」が原因と考えられます。

このような乾燥が原因の毛穴の開きの場合は、二十年ほいっぷを使って毛穴を清潔に保ちつつしっかりと保湿していくようにしましょう。

ホエイは乾燥することで発生する毛穴の開きには、とても効果的なんですよ。
二十年ほいっぷで毛穴の開きや黒ずみも改善

●次に毛穴の黒ずみです。

毛穴の黒ずみには「ノンエー(NonA)」です。

ノンエーはニキビケア専門なので、毛穴の洗浄ならお任せです。

きめ細かい弾力泡が毛穴の奥までしっかり届いて、余すことなく洗浄してくれます。

ノンエーのきめ細かい弾力泡は、独自開発の「カリ含有石けん素地」を使用しているから実現できたもので、通常の石鹸の約4倍もの弾力があります。

しっかりとした弾力泡が、毛穴の黒ずみの原因となる古い汚れや角質を隅々まで洗い流し、ニキビ予防と改善につなげていきます。

毛穴に角栓が詰まって、その角栓の表面が酸化によって黒ずんでいる場合などの毛穴の黒ずみには、ノンエーが効果を発揮してくれますよ。
ノンエー(NonA)で毛穴の開きや黒ずみを改善

ただし、同じ毛穴の黒ずみでも、毛穴の入り口付近にメラニンが溜まって黒ずんで見えるメラニン毛穴には、二十年ほいっぷのほうがよいでしょう。

二十年ほいっぷのホエイの美白効果で、メラニン毛穴を徐々に目立たなくしてくれますよ。

ところで、毛穴の開きと黒ずみの両方が気になるという方もいらっしゃるかと思います。

そのような方は、毛穴を観察して開きや黒ずみの原因を考えてから選ぶとよいです。

肌が乾燥気味で毛穴の詰まりは気にならないのに開いていて黒ずんでいるときは二十年ほいっぷがいいです。
公式サイト→二十年ほいっぷでくすみも消えて毛穴もキレイ

角栓が詰まって毛穴が開いていて黒ずんでいる場合、ニキビが気になる場合などはノンエーがより有効と考えられます。
公式サイト→ノンエー(NonA)でニキビも解消で毛穴もスッキリ

それでも迷ってしまった場合、どちらの商品も無添加で敏感肌でも安心して使えますし、洗浄・保湿効果が高く毛穴ケアに適していますので、セレクトを間違えてしまったということにはなりませんから、安心して使ってみてくださいね。

関連記事: