二十年ほいっぷで難しい毛穴ケアも簡単にできる?

二十年ほいっぷで難しい毛穴ケアも簡単にできる?

肌の悩みの中でも、多くの人が抱えている毛穴に関する悩み。

毛穴の黒ずみや開きなどによって、メイクをしても毛穴が目立って気になるということはありませんか?

毛穴の黒ずみ対策として毛穴パックをしても悩みは改善されないとか、毛穴の存在感がありすぎるとか…?

毛穴は極小さなものなのに、いつものスキンケアではそれがなかなか引き締まらずに改善しないというのは、もどかしくイライラしていましますよね。

でも、ケアのやり方次第で毛穴も引き締めることができるというのは事実です。

毛穴が開いてしまうのは、たとえば洗顔などで必要以上に皮脂を取り除いている場合です。

毛穴に詰まっている角栓をしっかり取り除こうとするために、ついつい念入りに洗顔してしまいますが、これは毛穴にとってよくありません。

ちなみに、毛穴に詰まっている角栓は皮脂というイメージがありますが、そのほとんどは古い角質から成り立ちます。

そして角質はタンパク質なので、オイルクレンジングで溶かして洗い流すということはできないのです。

つまり、念入りすぎる洗顔によって必要な皮脂は洗い流され肌は乾燥してしまう上に、取り除きたい角栓はそのまま落ちないということになります。

肌が乾燥すると角質層が厚くなって毛穴ケアにも逆効果ですし、そのせいで肌もくすんできてしまうという悲しい結果に…。

毛穴トラブルで悩んでいる方は、一般的に使用されているクレンジング剤や洗顔料で角栓を落とすのは難しい、ということを覚えておいてくださいね。

では何で角栓を落とせるのかというと、ピーリングや酵素洗顔料などです。

これらを使用してやさしく少しずつ角栓を除去していくのが正攻法と言えますが、もっと肌をいたわりながら毛穴ケアまでできるアイテムもあります。

それは、「二十年ほいっぷ」です。

肌を輝かせる『二十年ほいっぷ』

二十年ほいっぷは、今まで難しかった角質層のくすみと皮脂膜のくすみを同時に改善することを実現した洗顔料で、使い心地はすっきりなのに肌は乾燥しないで潤う感覚があります。

肌は乾燥すると角質層を厚くしてしまうので肌の透明感が損なわれてしまいます。

これは角質層のくすみというものです。

しかし、乾燥に気をつけると今度は肌表面に汚れが残ってしまい、皮脂膜がくすんでしまうということになってしまいます。

角質層のくすみと皮脂膜のくすみは、どちらかの改善に重点を置くともう一方のくすみの原因になるという関係にあるんですね。

この矛盾する2つのくすみを並行して解消することに実現した「直火釜練製法」という方法を用いて開発されたのが、二十年ほいっぷです。

使用すると実感できますが、顔のくすみが改善してパッと明るい肌になれます。

そして、角質層に潤いをもたらしてくれますから、肌のターンオーバーも促されます。

つまり、自力でピーリングしていけて自然に余計な角質は剥がれ落ちますので角栓対策にもなりますし、乾燥がちで開きやすかった毛穴にも二十年ほいっぷは高い効果をもたらしてくれるのです。
二十年ほいっぷで毛穴の開きや黒ずみも改善

毛穴が気になりだしたら、まずは20年ほいっぷで肌にやさしい洗顔を試してみてくださいね。

公式サイト↓
二十年ほいっぷ

us

関連記事: