加齢で毛穴が開く!毛穴の黒ずみや開き対策のコツとは?

加齢で毛穴が開く!毛穴の黒ずみや開き対策のコツとは?

毛穴の開き、気になりますよね。

年齢を重ねると毛穴の悩みが増えてくると思うのですが関係あるのでしょうか。

今回は、毛穴が開くのは加齢が原因なのか、しつこい毛穴の黒ずみ対策についてお話したいと思います。

まず毛穴の黒ずみの原因です。

それは古くなった角質や皮脂、老廃物や埃などが毛穴に詰まって酸化して固まったものです。

これ、できてしまうと落とすことが難しくて大変です。

原因は、いくつかありますが、例えば鼻は特に皮脂分泌が活発でメイクで毛穴を塞ぐことで黒ずみができてしまうこともあります。

その他、過剰な洗顔もよくないと言われています。

必要な皮脂も洗い流してしまい、皮脂が足りなくなり余計に分泌してしまうからです。

加齢も原因の1つです。

年齢とともに代謝が低くなり、ターンオーバーが進みにくくなります。

古い角質を毛穴に残してしまうことになり黒ずみになっていきます。

また年齢とともに肌のバリア機能が低くなり、乾燥しやすくなり、皮膚がダメージに敏感になります。

コラーゲンが減少しやすくなり肌がたるみ、毛穴が楕円形に伸びて開いてしまうのです。

では毛穴の黒ずみはどう落としたらよいのでしょうか。

毛穴の黒ずみ予防は、正しい洗顔です。

間違えた洗顔では、毛穴の開きをひどくさせるだけです。

洗顔料は、洗浄力が強くない物を使いましょう。

汚れを落としたい気持ちはわかりますが、洗浄力が強いと必要な皮脂まで落としてしまい、悪循環になりかねません。

弱アルカリ性の物等、肌に優しいものを選んでくださいね。

界面活性剤は入っていないものを使いましょう。

次に洗い方です。

しっかり泡立てて、きめ細かい泡で、丁寧に洗うと良いです。

手や指を使って、つい力を入れて洗いがちになってしまうかもしれませんが、それはよくありません。

お湯も熱いと皮膚にダメージを与えてしまうことになり、毛穴が開いてしまうので、ぬるま湯を使ってください。

洗顔した後は、即保湿です。

時間が経つと皮膚が乾燥してしまいます。

乾燥は、肌トラブルの始まりです。

顔を洗ったら、即しっかり保湿を心掛けてください。

この時、お手入れにはセラミドが入っているものを選ぶと良いです。

保湿力がしっかりありますし、肌のバリア機能をアップさせてくれると言われています。

バリア機能が高まると、外からのダメージや乾燥にも強くなります。

ビタミンCも補給してあげると、肌が潤いハリも与えられます。

そうすることで毛穴が目立たなくなっていきます。

そうは言うものの、保湿しすぎることもよくありません。

皮膚の分泌機能が低くなることが考えられます。

気を付けてください。

正しい洗顔、正しい保湿を心掛けて毛穴の悩みを解消して美肌を目指してくださいね。

u

関連記事: